マーケティングメニュー

私が出会った魅力ある経営者(男)③~株式会社今治.夢スポーツ代表取締役会長 岡田武史~

皆さまこんにちは。

フードコーディネーターの渡辺夏子です。

 

 

 

 

 

 

”フードコーディネーター夏子の視点”~私が出会った魅力ある経営者(男)~

 

 

 第3回目は

 

 

 

あの、日本を二度救った男。元サッカー日本代表監督

現在は株式会社今治.夢スポーツ 代表取締役会長 岡田武史氏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間の持つイメージと実際の人柄にこれほどギャップのある人が世の中にいるだろうか?

 

 

 

 

代表監督時代のメディアに映る岡田さんといえば、ブスっとしていて不機嫌で、

試合後の監督インタビューも観ているこちらがハラハラするほどぶっきらぼう。

 

 

 

 

 

日本中の期待を背負い、結果を求められる人がカメラの前で常にニコニコファンサービスというわけにいかないのは十分理解できるが、

 

テレビで無愛想なお顔を拝見するたび、

 

ああ~また岡田さんが誤解される!と、私はいつも一人勝手に気を揉んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私と岡田さんの出会いは今から約20年前。

 

その頃、私は様々な事情から札幌市内で賃貸業を営んでおり(正確には元夫が)

所有していた雑居ビルにはコンサドーレ札幌の選手が通う有名なスポーツ鍼灸院があった。

 

ある日、その鍼灸院にちょっとした用があってお邪魔していたところ、

 

 

 

 

 

 

 

 

「トイレトイレ!!!!!おしっこもれる!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

と駆け込んできたのが、当時コンサドーレ札幌の監督として指揮をとっていた岡田さんである。

 

 

こんなことを書けば、いつものように

 

 

「お前は俺をなめとるやろうが!!!」と愛情たっぷりの叱責を受けるだろうが

 

 

私はなぜか、この一瞬で、岡田さんの大ファンになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、私はFC今治を運営する株式会社今治.夢スポーツの経営者となられた岡田さんの取り組みを応援する

ボランティアに参加し、

定期的にお会いしたり、お話しを聞いたり、お酒をご一緒する機会に恵まれた。

 

 

現在も継続的にその活動を行ってくれている今治の友人のおかげで、

年に一度、10数名ほどの仲間たちと一緒にお酒を飲みつつ楽しい交流を続けさせていただいている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外かもしれないが、実際の岡田さんはとにかく面白い。

 

 

常にキレキレの機知に富んだギャグをかまし、周りを和ませ、笑わせる。

 

 

しかも話しには必ず大阪人らしい、小気味よいオチがある。

 

 

そしてその心根はというと人情味たっぷりの浪花節。

 

 

どんな人の話であれ、聞くときは真剣に耳を傾け、

日本サッカー界を牽引してきた人のおごりなどはみじんも感じられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

会って話をすれば何人も岡田武史の大ファンになるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年ほど前、私が人生の岐路に立っていた頃、胸に響いた岡田さんの話がある。

 

 

 

 

 

「やっぱりどうしても迷うんだよ。

物事の判断はね、損か得か。好きか嫌いか。正しいか正しくないか。色々あるんだよ。

でも俺は、最後は必ず“俺の生き様は美しいか?”この決断は家族や子供に恥ずかしくないか?それで決める。

そうやって決めたことは絶対に間違ってないんだよ。」

 

 

 

 

 

岡田さんの言葉や哲学が人生の指針となっているという人は世の中に多く存在するかもしれないが、

紛れもなく私もその中の一人であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日お会いした際、

 

「監督と経営者の一番の違いはなんですか?」という似非(えせ)インタビュアーの月並みな質問に、

岡田さんはためらうことなく目をまっすぐに上げ、きっぱりとひと言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「クビにできない」と仰った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺はね、監督としての限界を感じたの。もう監督はやらない。

 

経営者の一番面白いところは社員の成長していく姿を見られることなんだよ。

 

監督だってね。選手を育てたい、成長させたいという気持ちなんだよ。それはもちろんそう。

 

けどな、監督はやっぱり結果を出さなきゃいけねんだよ。

 

そうすると、1年で結果が出ないとそいつをクビにしなきゃいけない。

 

経営者はクビにできないけど成長を待つことができるんだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その熱い語りは日本を背負ってきた男だけが言える深い言葉であったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡田さんに私の現在の状況を少しだけ話すと

 

 

 

 

 

「そうか。頑張ってるなあ。お前の判断は間違ってないよ。大丈夫。」と温かい言葉をかけて下さり、

 

大盛り上がりの宴席で私は不覚にも涙を流してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡田さん。衝撃的な出会いを暴露しちゃってごめんなさい。

 

 

私が熊本で出演している料理番組にゲスト出演し、料理対決をする!と約束してくださったことは、酒の席の戯言としてではなく、シカと心に刻んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの日か、必ず!!!

 

熊本のマーケティング・ブランディング会社

熊本のマーケティング戦略策定や企業や商品のブランディング、市場調査などアールコネクトにおまかせください。

【kumamoto head office】
〒862-0975 熊本県熊本市中央区新屋敷3-1-8-203
【fukuoka office】
〒819-1562 福岡県糸島市井田513-7
【tokyo office】
〒111-0051 東京都台東区蔵前4-21-9 蔵前ATビル501
☎ 096-273-6029 FAX 096-277-1819
mail: info@r-connect.co.jp

©R-CONNECT.Inc All Rights Reserved.