マーケティングメニュー

ワールドプラスジム 上通店を見学してきた件(No.22)

新しいジムがオープンすると、とりあえず見に行く。

どうも、連日の投稿となりましたオフィサーブログです。

トレーニーたるもの、現状の自分に満足してはいけません。

新しいジムに斬新な機械がないか、月額料金が安いのでは?

通いやすい営業時間なのでは?など、トレーニング環境の改善には余念がないのです。

常に、過去最高の自分を更新するべく、毎日のトレーニングをしているのです。

 

ワールド+(プラス)ジム 上通店を見学してきました。

12/15(金)から1/4(木)まで内覧会をやっているらしいので、見学してきました。

なんと、上通の入口(通町電停の目の前)にあります。

大型ビジョンの横が入口となっていますが、

今は内覧期間の為「岡田珈琲」さんの横からも出入りできるようになっています。

 

キャプチャ

 

ワールド+ジムとは?

大阪が発祥で、大阪に2店舗、熊本に上通店、八代店と2店舗オープンし、合計4店舗になるようです。

エニタイムフィットネスと比べると規模は小さいですが、

パーソナルジムが乱立している昨今の状況を鑑みても、

ダイエットというか、フィットネスというか、筋トレというか、のブームを感じずにはいられません。

 

トレーニングマシンは?

まず、全体的にセノー株式会社のFUNASIS(ファナシス)を導入していました。

熊本だと県立体育館のマシンがほとんどこのシリーズです。

というか、細かく見ていくと県立体育館とほとんど同じでした。

 

有酸素エリア

ランニングマシンが合計12台ありましたが、TV付は4台でした。

エアロバイクは合計4台(TV付が2台)でした。

 

写真 2017-12-20 18 36 29

 

マシンエリア

まずは体幹から。

全部は撮っていませんが、

アブドミナル(腹筋)

トーソ/ツイスト(腹斜筋)

は、ありましたね。おそらく、背筋のマシンもあったと思います。

写真 2017-12-20 18 21 32

 

次に、下半身です。

レッグエクステンション、レッグカール、レッグプレス、カーフレイズは問題なくできます。

しかし、FUNASIS特有ですが、扱える重量はそんなに高くありません。

ライフフィットネス社のハンマーストレングスシリーズ、

THINKフィットネス社のTUFF STUFF(タフスタッフ)、NAUTILUS(ノーチラス)などと比較すると、

最高重量が7~8割といったところでしょうか。

バリバリのフィジーカー、ビルダーさんには物足りないかもしれません。

また、ストロークも限定されている為、毎回トレーニングをすると考えると飽きがきやすいかもしれませんね。

写真 2017-12-20 18 22 03 写真 2017-12-20 18 21 59 写真 2017-12-20 18 21 44

 

 

 

さて、みなさんお待たせしました。

上半身エリアです。

ローイング、プルダウン、チェストプレスはできそうです。

写真 2017-12-20 18 22 07 写真 2017-12-20 18 22 20 写真 2017-12-20 18 22 31

 

しかし、ここまでほとんどが県立体育館にある器具と同じ。

これでしたら、交通費(公共交通機関や自家用車の場合は駐車場代)を支払うことを考えると、割高に感じます。

 

考え方は人それぞれですが、個人的にはトレーニングの質が高くなければ意味が無いと思っているので、

県立体育館でもできることをわざわざ街中に行ってまで・・・となってしまいます。

 

安心してください。

ここでしか見たことない器具、紹介していきますよ。

 

ショルダープレス

写真 2017-12-20 18 21 22

 

ま、ゴールドジムにはショルダープレスだけでも3種類くらいはあるのですが、

県立体育館には無かったので紹介しておきます。

 

 

 

フリーウェイトエリア

ダンベルは、1㎏~30㎏までありました。

よほどの高重量派(ダンベルフライやダンベルベンチプレス)でない限り、

十分なトレーニングはできそうです。

写真 2017-12-20 18 24 31 写真 2017-12-20 18 24 07

 

 

ベンチプレスやデッドリフトは、スミスマシンが1台とパワーラックが1台ありました。

両方とも、全部のディスクを使っても160㎏くらいが最高重量でした。

パワーラックはいろいろなチンアップ(懸垂)ができそうで、ちょっとテンション上がりました。

写真 2017-12-20 18 23 19  写真 2017-12-20 18 23 34

 

 

腹筋と背筋は自重を使ったトレーニングもできそうです。

写真 2017-12-20 18 28 30

 

 

このマシンは、初めて見たので案内の男性をそっちのけで見入ってしまったのですが、

やれることはTHINKフィットネス社のフリーモーションと同じです。

写真 2017-12-20 18 24 34

 

 

ストレッチエリアはまだ内覧期間中なのでまとめてありましたが、

全体の面積からすると十分に確保されているように感じました。

写真 2017-12-20 18 25 15

 

その他の設備は?

シャワー室は男性更衣室で3部屋あり、バスタオルとフェイスタオルは無料で貸し出ししてくれるとのこと。

これはうれしいサービスだな、と思いました。

また、洗面台には良さげなドライヤーが置いてありました。

こういう施設のドライヤーって手を抜きがちなので、細部まで気を遣ってあるなと感じました。

 

写真 2017-12-20 18 26 04 写真 2017-12-20 18 26 34 ※案内の男性が写り込んでいます。

 

さらに、プライベートロッカーは1,080円(税込)らしいのですが、

ゴールドジムの2倍くらいの大きさがあったので、安いなと感じました。

(奥の扉が開いているのがプライベートロッカー)

 

写真手前にある大きいロッカーは、利用者が無料で使えるロッカーらしいです。

利用者が多い時足りるのかな?というのは不安に思いました。

 

写真 2017-12-20 18 27 27

 

セキュリティ面ですが、24時間営業のジムなので入口は指紋認証になるそうです。

また、女性更衣室にも指紋認証が必要で、夜中の安全性は担保されているように思いました。

 

 

結論

ゴールドジムを退会して、入会はしないな。

まず、器具がほぼ県立体育館と同じなので、だったら県立体育館に行くな、と。

仕事の都合上、ジムが空いている時間に行けないという方にはオススメですが、

エニタイムフィットネスも見学に行ったので比較すると、

僕はエニタイムフィットネスを選ぶと思います。

駐車場がある、有酸素マシンの数も多い、パワーラックの数も多い、など僕のトレーニング内容からすると、

エニタイムフィットネスの方が利点が多いですね。

 

街中が職場、という方にはピッタリかもしれません。

 

・・・という、僕の偏った意見をお送りしましたが、「運動したい」くらいの人には好条件だと思います。

実際にはこの上通店だけで300名が会員になっているみたいです(仮申し込みも含めて)

 

その他にも、パーソナルトレーニングジムにも体験に行ってます!

 

 

経営とトレーニングは似ている!

正確な分析と洞察が必要な方はR-CONNECTへご相談ください。

お問い合わせはこちらから

熊本のマーケティング・ブランディング会社

熊本のマーケティング戦略策定や企業や商品のブランディング、市場調査などアールコネクトにおまかせください。

【kumamoto head office】
〒862-0975 熊本県熊本市中央区新屋敷3-1-8-203
【fukuoka office】
〒819-1562 福岡県糸島市井田513-7
【tokyo office】
〒111-0051 東京都台東区蔵前4-21-9 蔵前ATビル501
☎ 096-273-6029 FAX 096-277-1819
mail: info@r-connect.co.jp
©R-CONNECT.Inc All Rights Reserved.