マーケティングメニュー

#05 商品には寿命がある?プロダクトライフサイクル!

この物語は、一匹の素直なゴリラが
マーケティングと出会い、
メスゴリラの花子にマウントするまでの軌跡を書いた
サクセスストーリーである。
・第一話
・第二話
・第三話
・第四話
登場人物

gori-big-icon

ロジカル・ゴリラ

実家のバナナ屋倒産の危機に立ち上がった息子
道を覚えることができない。

 

 

papa-big-icon

父ゴリラ

ロジカルゴリラの父
場末のスナックが好き

 

 

mon-big-icon

インテリ・モンキー

ロジカルゴリラの師匠
インナーはあえてユニクロで買う

 

ーーーー前回のあらすじーーーー
家業のバナナ屋の売上が日々下がることで
父の心が折れた!
会社倒産の危機にロジカルゴリラはどう挑む?
papa-big-icon おい、息子よ
日曜日にどこに連れていくつもりなんだ?
相撲みたいから帰っていいか?
gori-mini-icon とうさん!相撲なんて見てる場合じゃないよ!
僕達は土俵際なんだよ!
角番なんだよ!
晩年の貴乃花なんだよ!
papa-big-icon おぉそんなに怒らんでもよかろう。
確かに晩年の貴乃花は苦労したのぅ
gori-mini-icon 今日は、僕のマーケティングの師匠
インテリモンキーさんの所に行くんだよ
ぼくらのバナナ屋を潰さないための良いアイデアを
きっと師匠はくれるはずなんだ!
papa-big-icon そうか賢い友人がいるんだな
とうさんは嬉しいぞぉ

 

—————————————————————————
ここはオフィス街
日曜日でもビジネスマンが慌ただしく行き交っている
—————————————————————————

 

 

 

gori-mini-icon 師匠はこのビルの中にいるって言ってたな。
3Fか。
papa-big-icon 洒落た建物じゃのう
なんじゃこの白いロボットは?
pepa-mini-icon コンニンチワ!
papa-big-icon ウホッ!
ドコドコドコドコドコ!!!!
gori-mini-icon とうさん何してるんだよ!
早く行くよ!






 

 

 

mon-big-icon やぁ親父さんも一緒だったんだね
はじめまして!
papa-big-icon どうもぉ息子がお世話になっております。
ここはスーツの人も入ればサンダルの人もおって
不思議な会社ですなぁ
mon-big-icon あぁここはコワーキングスペースといって
フリーランスやSOHOがワーキングスペースやサードプレイスとして
活用してる場所ですよ
ワークシェアリングも出来ますしリソースが最適化できていいですよ。
papa-big-icon ほぉ〜そうですかぁ〜
(なにをいっとるんじゃ)
mon-big-icon で、ロジカルゴリラくん
今日の用事は何だい?

————————————
ロジカルゴリラは
実家の危機的状況を説明した。
————————————

 

 

 

mon-big-icon なるほど
バナナが売れないと
gori-mini-icon そうなんです。
日に日に売上が下がっていて
このままでは年内に倒産するかもしれません。
mon-big-icon うーん
潰れると僕も困るな
君にマーケティングを教える代わりにバナナを一生分もらう約束だったからね。
オッケー
君の実家のバナナ屋さんの売上げアップ手伝ってあげるよ。
papa-big-icon なんと!優しい方!
gori-mini-icon 師匠ありがとうございます!
mon-big-icon では、さっそくだけど
まず君の話を聞いた限りだと
商品であるバナナは衰退期に入っていると考えられる。
gori-mini-icon 衰退期?
mon-big-icon 商品には人間と一緒で寿命があるんだ。
調子が良いときもあれば
悪いときもある
そして最終的には死んでしまう。その時期を4つに分類することができる。
時期によってやるべきこと、やるべきでないことが変わってくる。
これをプロダクトライフサイクルと言うんだ。

プロダクトライフサイクルとは?

図1-プロダクトライフサイクル

プロダクトライフサイクル(Product Life Cycle)とは製品が市場に投入されてから、次第に売れなくなり姿を消すまでのプロセスのことをいいます。その市場における製品に関する需要の寿命を示したもので、製品を生物の一生にたとえて考えることから、ライフサイクルという表現が使われています。製品ライフサイクルと言われることもあります。

プロダクトライフサイクルは売上(利益)を縦軸、時系列推移を横軸にとった売上(利益)曲線で示されることが多くあり、一般にプロダクトライフサイクルの段階区分は、「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」という4段階で表現されます。

 

導入期

導入期は製品が市場に導入されて販売が開始された時点から、徐々に販売数が伸びてゆく期間である。市場へ製品を導入するために多額の費用が発生するために利益は無いことが多い。

成長期

成長期は製品が市場で受け入れられ、大幅に利益が得られる期間である。

成熟期

成熟期は製品が市場の潜在的購入者のすべてに行き渡り、成長期での販売の伸びに比べて減速する期間である。利益は安定的に得られるか、または競争の激化によって減少する。製品ごとの成熟期の長短がそのライフサイクル全体の長さを決める主要な要因となる。

衰退期

衰退期は製品の売上が減少してゆき、利益もそれに伴って減少する期間。

 

 

 

 

mon-big-icon 導入期であれば、誰も知らない状態なので
資金的余裕があるならTVや新聞といった不特定多数に情報をバラまくような
広告が有効だし成長期に入れば能動的に生活者が情報を
探し始めることを予測しウェブサイトに注力するのが効果的だ。そして成熟期。
この段階で次の一手を考える必要がある。
ボクサーで例えるなら30歳になり、あと数年で引退が迫った時
次のキャリアを考える様に近いかな。ボクシングジムを開くか?
トレーナーになるか?
全く別業種へ飛び込むか?その段階であぐらをかいてると
いつのまにか衰退期に入るわけだ。
gori-mini-icon つまり、バナナ屋は
衰退期ということですか?
mon-big-icon おそらくそうだろうね。
papa-big-icon わしみたいなものか。
明日、シルバー人材センターへ登録してくるよ。
mon-big-icon まぁまぁ
まだ間に合うかもしれないですよ衰退期から復活した商品や会社は
世の中に沢山ありますから。
例えば、東ハトっていう会社知ってる?
gori-mini-icon は、はじめて聞きました。
mon-big-icon キャラメルコーンやハーベストは知ってるよね
gori-mini-icon あ!知ってます!
mon-big-icon そのお菓子を作ってる会社だよ
あれだけみんなが知ってるお菓子を作ってる会社だけど
衰退期が来てしまったんだ。
抜け出すためにいろんなお菓子を発売したけどどれも不発に終わった。マメンズ、つぶつぶコーン、チュロスバー、
ガチポテ、カルンパ、ルフレ、ちょこりんこ
どれも聞いたことないでしょ
gori-mini-icon 確かに。
mon-big-icon そして、再起をかけてつくったお菓子があるんだ。
それが東ハトの窮地を救うことになる。
gori-mini-icon それは、一体…
mon-big-icon 暴君ハバネロというお菓子を作ったんだ。

 
当時、誰も食べれないくらい辛いお菓子。
間違って子供が食べたら泣いちゃうくらいの辛さだった。
当時、辛いポテトチップスの横綱はカラムーチョ。

それを遥かに超える辛さで商品開発をしたことで
競合することなく
「激辛チップス」という新ジャンルを作ることになる。

 
奇しくもキャラメルコーンと全く逆張りの商品が
復活の立役者になったんだね。

gori-mini-icon はーなるほど!
すごい映画みたいな話ですね!!
mon-big-icon そう!
大逆転劇みたいな物語もマーケティングの醍醐味なんだよ。
きちんと市場を分析して、競合とマーケットの規模を予測し
思い切って尖ったネーミングにしたことで大ヒットしたんだ。
ある意味、衰退期で背水の陣になったからこそ、
キャラメルコーンの成功を引きずることなく
思い切った冒険ができたとも言えるね。
papa-big-icon うむ
男気溢れる決断じゃのう。
mon-big-icon バナナ屋も商品のポテンシャルはとても高いと思う
諦めるのはまだ早いと思うよ。
一緒に頑張ってみよう。
gori-mini-icon ありがとうございます!師匠!
papa-big-icon どうもぉよろしくお願いしますぅ!

 

 

======================

衰退期に入ったバナナ屋は一発逆転できるのか?
次回をお楽しみに!
======================

 

 

【今日のポイント】

プロダクトライフサイクルで自社と商品が今どの時期なのかを考えてみよう!

自社や商品が一体何期なのか!
ばっちり分析してお調べします!
プロダクトライフサイクルならアルコネにおまかせ!
http://r-connect.co.jp/

熊本のマーケティング・ブランディング会社

熊本のマーケティング戦略策定や企業や商品のブランディング、市場調査などアールコネクトにおまかせください。

【kumamoto head office】
〒862-0975 熊本県熊本市中央区新屋敷3-1-8-203
【fukuoka office】
〒819-1562 福岡県糸島市井田513-7
【tokyo office】
〒111-0051 東京都台東区蔵前4-21-9 蔵前ATビル501
☎ 096-273-6029 FAX 096-277-1819
mail: info@r-connect.co.jp
©R-CONNECT.Inc All Rights Reserved.